スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陸上養殖セミナーやります。

社長@水研です。

久々すぎて、セミナーのお知らせしかやってないサイテーブログですが、陸上養殖に関する活動はFRDジャパンホームページよりご確認ください(Face book見てね)。

さて下記URLの要領でセミナー開催します。
http://www.johokiko.co.jp/seminar_chemical/AC150686.php
弊社養殖施設の見学付です。
講師割引申込書はこちら。15%割引です。
割引

アワビの養殖は継続的にやってます。今は日本各地で生産された種苗数種と、韓国種苗の飼育試験をしています。同じエゾアワビでも生産地によってこれほど差が出るかと思うほどです。種の良し悪しはつくづく事業採算を左右するのだと痛感します。
でも、以前に比べて技術的にかなり進歩し、完全閉鎖循環式でも種苗によっては年間の斃死率を1~2%程度に抑えることが出来そうです。飼料転換効率も60%を超え、肥満度も40mmの段階で0.14平均になる種苗もあります。1年前に大失敗した時に比べたら夢のような数字です。
これからは飼育密度をいかに大きくするのかを重点的に研究します。

とは言え、いつまで研究ばかりしているのか?
我々は学者ではないのでこの研究成果をビジネスに繋げていかなければ何の意味もありません。
どうやって食してもらうか、どうやってブランド化するのか、どうやって継続的・採算性ビジネスとして成立させるのか、これからは食品ビジネスとしての観点で陸上養殖をとらえ、産業としての礎を築いていきたいと考えています。



スポンサーサイト

陸上養殖セミナーとアワビの試食会

社長@水研です。

実は昨年12月、陸上養殖による水産物の生産から加工・販売までの一連の事業、いわゆる6次産業化を事業目的とした「株式会社FRDジャパン」という会社を立ち上げました。
大洋水研では陸上養殖に関する技術開発を主体に進めてきましたが、独自の手法でいくら良い水産物を作れたとしても、売れなければ意味がない!ということで生産物をいかにして販売してゆくのか、これを総合的にビジネスベースに乗せるための会社を設立し、現在は加工、流通、販売の分野にも注力して事業を進めております。
Webサイトはまだパンフレットをそのまま掲載したような内容になっていますが、我々の事業理念を知っていただける内容にはなっておりますので、ぜひご覧ください。
http://www.frd-j.com

さて、前回お知らせした養殖場の見学付きセミナーを先週の24日に情報機構さんの主催で開催いたしました。朝から夕方までの長いスケジュールとなりましたが、ご参加頂いた皆様におかれては大変お疲れ様でした。
セミナー
セミナーの様子

見学
陸上養殖施設見学の様子

我々の講演内容も最近は少しずつ変わっていて、より現実的な生産のための事業試算と販売に関する内容を付加するようになってきました。我々自体が現段階で「陸上養殖ビジネス」での成功を見たわけではありませんが、軌道に乗せるまであと一歩のところまで来ています。
いま、非常に注目されつつある閉鎖循環式陸上養殖ですが、これを完全な形で採算ベースに乗せた事業体はいまだ国内には存在しないという認識です。
おかげさまで弊社はNEDO助成事業によって実用化規模での「失敗」も経験しました。これ、自腹の持ち出しだったら今頃会社がつぶれてますね。泣き明かした夜も数知れず、今日はもう少し頑張ろう、明日はもう少し頑張ろう(どっかで聞いたセリフか?)と頑張ってきましたが、補助事業での失敗は非常に得るものが大きく、必ず次の成功につながると確信しました。
助成金って本当に事務的な雑務が面倒ですが、反面ありがたいものです。何しろ税金ですからね。必ず明日に生かします。生かすことができると言える段階まで来ました。

この日はパレスホテル大宮洋食総料理長、毛塚シェフのご協力でアワビ料理の試食会も行いました。
第一弾は産地や養殖法の違いによるアワビステーキの官能試験です。種類はすべてエゾアワビで、国産天然、韓国養殖、海藻による海面養殖、海藻による陸上養殖、そして弊社で飼育の海藻養殖と配合飼料養殖、この6種類です。パネラーを8人そろえ、順位法というきちんとした手法に基づく官能試験で、以前のブログで紹介したような、ただ食べて「おいしい!」っていうのではなく、閉鎖循環という手法で飼育したものをほかの手法で飼育したものときっちり比較して市場に出せるものなのかどうかの指標とする狙いもありました。
試食会
パレスホテル大宮での試食会の様子

これってパネラーの好みによって本当に結果がまちまちで面白いのですが、別の機会に生食でやった時は配合よりも海藻飼育のものが人気で、意外に韓国産が良かったりとか、必ずしも天然が美味いとは限らないのです。
今回の結果はまだまとめてませんが、私個人は(手前味噌ながら)うちの水槽で海藻飼育したものが一番おいしいと感じました。もちろん食べる前に何がどの種類かは伏せてあります。これはうれしい結果でしたね。ほかの人がどうだったのかはこれからの集計結果によりますが。
官能試験
6種類のステーキ試食サンプル

そして第2弾はシェフのメニューによる商品アイテム3種、アワビのクリーム煮、リゾット、カレーです。
クリーム煮 リゾット カレー
左からクリーム煮、リゾット、カレー

これはどれも美味かった!うまいです。さすがはプロのシェフですね。特にクリーム煮。中華でも定番のメニューですが、洋風もすごくいいですね。まずはこの3種でブランド化して販売までこぎつけたいと思ってます。これからレトルト化やパッケージングなど考えることは多いですが、楽しいです。
夏のシーフードショーではぜひともサンプルを展示したいと思っていますので、皆さんブースにぜひともお越しください。今年はFRDジャパンでの出展になりそうです。

我々のビジネスもいよいよ6次化に向けて動き出しました。
ハードルは多いですが、地道に粘り強く一つ一つ越えていきます。






FC2カウンター

プロフィール

大洋水研

Author:大洋水研
閉鎖循環式陸上養殖に関する記事を中心に、特にアワビの陸上養殖に関しては実践レポートを余すところなくお届け致します!
陸上養殖技術に興味のある方、陸上養殖ビジネスを本格的に立ち上げようと検討されている方、どしどしコメントしてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。